診療

アイソトープ内用療法

アイソトープ内用療法とは、放射線を放出する物質(アイソトープ)を注射などで投与し行う治療のことです。当科では、アイソトープ内用療法として去勢抵抗性前立腺癌に対するラジウム223内用療法を行っています。

去勢抵抗性前立腺癌に対するラジウム223内用療法

ラジウム223は、骨転移のある去勢抵抗性前立腺癌の治療薬として世界で初めて用いられ、アルファ線(α線)と呼ばれる放射線によって骨に転移した癌細胞に対して治療効果を発揮します。

 

担当:深田淳一、隈部篤寛              毎週火曜日午後 内用療法外来

 

page top