放射線診断科

研究

 画像診断学は、人体の更なる効率的な可視化と、より安全な画像下治療法の開発を追究していく学問だと思います。

 当医局では、1980年代、1990年代は主に画像病理対比の研究が行われました。これにより、各領域に診断精度の向上をもたらしました。また、1990 年代には画像下治療の導入と普及において大きな役割を果たしました。

 2000年代は、画像診断のハードが急速に進歩したため、最先端の機器や検査法を用いて、低侵襲で効率の良い検査手順(診断アルゴリズム)を構築するような研究を推進しました。また、2重エネルギーCT・4次元CT・拡散強調画像などの新技術の新たな臨床応用、読影を効率化するような画像表示法の提唱、高速撮影による検査時間の短縮、被ばく低減などの研究にも積極的に取り組みました。

 今後は、これらの伝統的手法を用いた研究を継続してclinical standardになるような成果を発信しながら、精度の高い定量化や形態を超えた機能診断の構築を目指します。また人工知能の活用法を考えることも大きな研究テーマになっています。

1)医局の研究の足跡

 この40年くらいの間に医局で行われてきた研究を、検査別領域別に分けて示します。

2)現在の臨床研究テーマ

 現在行っている研究の中で、患者さんにご理解・ご協力を頂きたい内容があるものをお示しいたします。

page top